「くどう歯科医院」

ご予約・お問い合わせはこちら
Tel.078-599-7182
WEB予約

【保険診療】CAD/CAM冠がさらに多くの場面で適応可能に

Blog

【保険診療】CAD/CAM冠がさらに多くの場面で適応可能に

歯を治療して、最後に被せ物をするときに、どの被せ物を入れればいいのか、迷ってしまう事、ありますよね。(※写真は部分的に削ってはめるインレーと、全周を削ってはめるクラウンの保険外診療のオールセラミックの写真です。これから、「インレー」や「クラウン」という単語が多く出てきますので、名称を覚えておいてください)

今年(2022年)、2年に一度の大きな診療報酬改定が行われ、令和4年度診療報酬改定の概要の説明が3月4日、厚生労働省よりありました。
令和4年4月から、「CAD/CAMインレー」が健康保険の治療に加わるとの事で、国民の皆様、当院に来ていただいている皆様に周知させていただきたく、この記事を書かせていただきます。

厚生労働省・診療報酬改定のページはこちら

 

ほんの数年前まで、犬歯の1本後ろの歯(第一小臼歯)からは、銀歯(金銀パラジウム合金の被せ物)が主流でした(レジンジャケット冠というのがありましたが、今回は説明は飛ばします)。写真でお示ししますように、手前側に移っている銀歯ですね。かなり目立ちます。

こちらの写真で手前側に移っている白い被せ物は健康保険が適応のCAD/CAM冠といいます。
保険外診療のオールセラミックではないのでステインを付けたりできないのですが、CAD/CAM冠はセラミックとプラスチックのハイブリッドの被せ物で、もちろん色も選べますので、隣の歯などと色を合わせることが可能です。

こちらは前歯のCAD/CAM冠です。保険診療でもきれいです。もちろん、ステインを付けたりグラデーションを付けたりなど、保険外診療のようなことはできません。色も単調ですので、透明感が高く、天然の歯のような再現に長けているオールセラミックのような美しさを求める場合はお勧めできません。

そして、今回CAD/CAMインレーが登場しました。写真は厚生労働省の資料より。

では、適用される歯の部位を見ていきます。分かりやすくイラストにしてみましたので、ご覧ください。金属アレルギーの診断がある方はこの限りではないので、歯科医師にご相談ください。
黄色い枠が適応範囲です。

【小臼歯のCAD/CAM冠(クラウン)】

【大臼歯のCAD/CAM冠(クラウン)】

【前歯のCAD/CAM冠(クラウン)】

【CAD/CAMインレー】

但し、クラウンと同じように第一大臼歯に使用する場合は条件が付きます。
以下イラスト参照

【おまけ:高強度硬質レジンブリッジ】

 

 

歯科用の金属には、アマルガム、銀合金、金銀パラジウム合金などの種類がありますが、特によく見る一般的な被せ物に使用しているのは金銀パラジウム合金です。

その組成は Au12%、Ag46%、Cu20%、Pd20%、他2%

メーカーによって少し成分が変わりますが、大体このような割合となっております。
戦後から変わらないこのメタルによる治療は日本では健康保険制度の下長く続いていますが、金属アレルギーや、硬さ、二次齲蝕などの問題から、日本以外の国では金銀パラジウム合金の使用を中止にしているところが多いようです。
日本でもアマルガムは使用しなくなりました。また、ファイバーポストも健康保険に適応されるようになり、銀合金も使用がかなり少なくなってきたところかと思います。

金は世界的な情勢の不安定などで、高騰しやすく、医療費や患者負担でそれを負担している状況ですが、セラミックやハイブリッドのブロックは比較的安定していますので、脱メタル、セラミック系のブロックの普及で安定した材料費、医療費を目指すことができると考えております。

今回ご説明しましたCAD/CAM冠以外にも、さらに機能的、審美的なオールセラミックやジルコニア治療もありますので、ぜひ、そちらもご覧ください。

くどう歯科医院 保険外診療

 

 



※注意※くどう歯科医院が提供する記事、画像等を、権利者の許可なく複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。掲載されている著作物に係る著作権・肖像権はくどう歯科医院に属します。

CAD/CAM冠 CADインレー 保険の白い歯
トアロード × 生田新道 「あら、りんご」さんのビル6階
神戸市中央区 三宮 元町 にある 歯科医院
阪急 神戸三宮 駅から徒歩6分
JR 元町 駅から徒歩5分

くどう歯科医院
神戸市中央区下山手通3丁目10-1TRSX6階
電話:078-599-7182
HP:https://dc-kudo.com

カテゴリー

最近の投稿

月別アーカイブ