「くどう歯科医院」

ご予約・お問い合わせはこちら
Tel.078-599-7182
WEB予約

感染防止対策の取組

Medical

安全安心な医療を目指しています

くどう歯科医院では感染防止対策を徹底しております。
皆様に安心して通院していただくための対策をご紹介します。
来院前に一度ご確認していただけましたら幸いです。

【目次】

①来院される皆様へ
②歯科医院の取組
③対策の根拠

【YouTube】

①来院される皆様へ

1・ご自宅等で検温

発熱などの症状が出ている場合は申告していただくか、予約日の変更をお願いする場合があります。

2・手指消毒と検温

来院されましたら手指消毒をお願い致します。
(石鹸の手洗いはトイレにて可能です。)
また、診療後も手指消毒をお願い致します。

診療開始前に検温させていただきます。
非接触型体温計です。ご協力お願いいたします。

3・含漱

チェアに座られましたらポピドンヨード液の含漱をお願いしております。
他のうがい薬などもご用意がありますので、苦手な方やアレルギー体質などお気軽にスタッフにお伝えください。

②歯科医院の取組

1・従業員の検温

2・バリアフィルム(ラッピング)

3・換気

4・待合室の雑誌の撤去

5・口腔外吸引機の設置

6・高圧蒸気滅菌機の設置

7・小型高圧蒸気滅菌機の設置

8・使い捨て器具や材料へ変更

9・キャッシュレス化の推進


キャッシュレス決済対応一覧

 

10・研修会の受講、修了

③対策の根拠

くどう歯科医院では「新たな感染症を踏まえた歯科診療の指針 第1版」を踏まえて感染防止対策に取り組んでおります。
(2020.12更新:現在第4版)

◆ポピドンヨード液うがいについて

「新たな感染症を踏まえた歯科診療の指針 第1版」の15ページに記載があり、特に歯科診療における口腔内のウイルス量の減少のために推奨されております。
また、日本歯科医師会から2020年4月の時点で、推奨する含漱薬を具体的に記載した通知が来ております。

また、神戸市歯科医師会の「withコロナの歯科診療所における標準予防策」(足立了平先生 医療法人社団関田会ときわ病院歯科口腔外科部長)の講演内でも推奨されております。

注意するべき事は、新型コロナウイルスが治るという事ではありません。一時的に口腔内の新型コロナウイルスを不活化できるという趣旨でして、歯科診療前に含漱することで歯科診療がスムーズに進むと考えられています。

◆バリアフィルム(ラッピング)について

1996 年に提示されたCDC(アメリカ疾病予防管理センター)の「医療機関における隔離予防策のためのガイドライン」では、感染症の有無、病態・感染経路に関わらず、すべての人に適応されるスタンダードプリコーション(標準予防策)の考え方が提示されました。

標準予防策はとても大切な考え方で、感染症をお持ちの方と分かった場合だけ対策をとる方法では、自分や他の患者さんに感染させてしまう可能性がありますので、すべての人にあらかじめ対策をしようという事です。経済的な負担や手間がかかるのですが、安全のために丁寧にやっていくことが大切です。

当院では普通のラップではなく医療用のバリアフィルムを購入し使用しております。